インターネットモラル

2017.05.11 PoorWriting 

なんとなく最近友達とかに別に公開して欲しくない情報をインターネット上で公開されたりして、
この辺りって人によってとても感覚が違うんだなーとモヤモヤしたので
今の自分の考えを整理するためのログで、結構久しぶりにチラ裏。

と言っても最近だけの話でもなくて結構これまでもあったんだけど、
個人的にオンラインとオフラインを一緒にしちゃダメだろと思ってて
これってモラルとかマナーとか一般常識だと思ってたんだけど、
どうやら人によって文化や心情も違うわけでその辺りの感覚がズレると辛いなぁって思った。

で、オンラインとオフラインの違いって何?って聞かれたので考えてみたら、
人と面と向かったりプライベートな空間で話しているとき(オフライン)は
その対象者と話しているのであって、その内容はその人(たち)のためだけのものであるってイメージ。
例えば、この人はこういう事に興味があるだろうからこう言ったら面白いかな?とか考えて話してる。
それをインターネット上(オンライン)で聞き手側に話されると、
話の対象者が変わり、文脈が繋がらないので本来話していた意味合いが大きく変わる。
大げさに言うと、勝手に編集された内容を自分名義で紙面掲載される、みたいな感じか?

あと自分は人と秘密を共有してこそ、なんだか親近感がわくタイプの人間なんだろうなぁと。
それを話されてしまうとえーそこ秘密の話じゃないんだ。って興ざめするんでしょね。w
秘密鍵渡したつもりがもらった相手は公開鍵のつもりだったみたいな(?)
こっちの理由についてはモラルとかよりも価値観の違いなので、
多分あんまり仲良くなれないだけだと思う。
あー、だから友人が少ないのか、と変に納得してしまい悲しくなった、、w

ま、基本的にオンライン上では人の事を人が話すべきではないし
そこには善意も悪意も関係ないと思ってる。

you

© rettuce.com