【WordPress】ローカルに環境構築してみる Win環境

2010.07.27 Utility 

WordPress組み込む必要があったので
色々調べたメモ。

とりあえず、一緒にサイト組む必要もあったので
ローカルにつくったバーチャルホスト内にWord Pressの環境を構築してみた。

■レンタルサーバのバージョン確認

ひとまず実際の本番用サーバーで
使えないと意味ないから以下確認。

WordPress 2.9 以降
PHP バージョン 4.3 以上
MySQL バージョン 4.1.2 以上

■とりあえずローカルにもxammpで環境構築

xammp入れてその下のhtdocsにwordpress入れる。
ローカルにバーチャルホスト立ててたらそっちでもおk。
xammpの導入方法はいろんなサイトでかなり丁寧に
教えてくれてますのでそちらを。。

とりあえずデフォルトのまま進めていくと
以下のような感じの階層構造になるかと思います。

C:\xampp\htdocs\wordpress

■wordpress用にデータベース作成

http://127.0.0.1/phpmyadmin/
or
http://localhost/phpmyadmin/

上記にアクセスしてwordpress用データベースつくる。
この時xammpのMySQLもStartさせておく必要あり。

ここで入力した値を後で使用するのでメモ。
xammpデフォルトユーザ名はroot

■wordpress用にデータベース割り当て

http://127.0.0.1/wordpress/wp-admin/install.php

をたたくと以下のようなページが出る。

ファイルが見つかりません。インストールを開始するには wp-config.php ファイルが必要です。お困り…

ので、一番下の設定ファイルを作成するボタンから設定画面へ。

↓↓↓

どんどん進むと先ほどデータベース作成時に設定した
データベース名入れたりするページに出る。

・データベース名
・ユーザー名
・パスワード
・データベースのホスト名
・テーブル接頭辞

とりあえず、ローカル環境なのでユーザ名とかパスワードとか適当に。
ホスト名もlocalhostのままでおk。
テーブル接頭辞についてはデフォルトwp_になってるのでそのままでいいけど、
1つのデータベースで複数のwordpressを使用するときとかは、
ここを任意のテーブル名に変えることで使えるようになるお!

これで完了!以下からTOPページが見れるはず。

http://127.0.0.1/wordpress/

編集ページは以下から。
さっき設定したユーザー名とパスワードで入れる。ワーイ

http://127.0.0.1/wordpress/wp-admin/

慣れればなんてことないんだけど初めは全く分からず、、
かなり時間かかった&色んな人のサイトで助けられたので
自分もメモ!

you

© rettuce.com