if this then that がすげぃ!件。

2012.01.27 Technical 

半月位前から存在は知りつつバタバタしてて全く触れてなかったif this then thatをちゃんと触ってみて、
すげぇ!と軽く感動したのでメモ。

if this then that とは?

簡単に言うとwebサービス毎に提供されてるapiの組み合わせサービスです。
よく言われてるのがYahoo!Pipesの簡易版と言われてるので、そうなんでしょう。
(Yahoo!Pipes使ったことないのでよく知らないw)

名前の通り、
何か(Triggers)をしたときに何か(Actions)をする。ということを決めておける(Tasks)サービスです。

example:
・twitterでURLの入ったtweetをfavったら、deliciousでbookmarkする。
・facebookで自分が写真にタグ付けされたら、その写真をdropboxにダウンロードする。
・明日の天気予報が雨だったら、自分宛にメールする。
・foursquareでチェックインしたら、その場所のGoogleMap画像をEvernoteに貯めて行く。

とかとか。とりあえずアイデア次第でいくらでも組み合わせできると思う!:-)

そしてこのサービスの素晴らしい所はとにかく簡潔!!
サービスの導線設計からデザイン、コンセプト全てが簡潔で、英語読めなくてもほぼ使える!素敵!(´;ω;`) ブワッ
このあたりのコンセプトとか詳細は本家サイト見るのが一番手っ取り早い気がする。:-)

で、たとえば、実験的にやってみた一例。

こいうの触ってみないと使い道全然思いつかないので、とりあえずね。しばらくいろいろ遊んでみようかと思います。:-)
今思ってるのはサービスの裏っかわこれで全部まかなっちゃうことをいろいろ妄想してうふふってなってる。

で、今現在(2012.1.27)で使えるサービス(Channels)が以下。
色のついてるのが僕が認証してる(使用してる)サービス。

で、これらのサービス(Channels)の中から、
Triggerとなるサービスと、Actionとなるサービスを選択するだけ!簡単!(・∀・)

で、更に僕がつくってみたタスク。
まずはどういう使い方が便利なのかとか可能性があるのか感触得る為にも
重複するようなタスクもあるし、けっこー実験的にいろいろつくってみた。
てかこの設計作業超楽しい。w

ということでこのサービス if this then that
プログラミングとか分からないよ!って人でも思いつき次第で
ちょっとしたサービスとかすぐつくれるすげーおもしろいもんだと思うんですよ。:-)

言葉すごい悪いけど人のふんどしでどれだけ遊べるかみたいなすごい今っぽい考え方が大好きです。
こいうみんなでみんなの資源お互いにガンガン使って一人一人が自分なりの暮らしやすさとか、楽しみ方を自分でカスタマイズしていける世の中になると少し世界がハッピーになれるよねっていうあれ。

こやって1サービスを越えた拡張性というかカスタマイズ。素敵。
さてこれ利用して何作ろう。:-)

ところでこのifttt。なんて読むん。(´・_・`)

you

© rettuce.com