新規Macに移行した時の開発toolインストール備忘録。

2015.06.08 Technical 

TimeMachine使ってるのでそのまま移行でもよかったんだけども
ストレージ容量が多すぎて1TBSSDを埋め尽くす(!)状況が嫌だったので
DropBoxだけSyncしてそれ以外必要な物だけ適宜手動で入れることに。

以下、web開発用にSublimeText使って
grunt+coffee+sassでの開発環境構築用メモ。
(1年以上web開発してないから大分構成古そう、、今のトレンド何なのか知りたい)
そして因みにoFはXcodeダウンロードのみで終わった。。

==

ログインシェルをbashからzshに変更する。(ようやく)
http://qiita.com/harapeko_wktk/items/47aee77e6e7f7800fa03

homebrew入れる。
http://brew.sh/

nodebrew入れてnode.jsのStableバージョン入れる。
http://qiita.com/sinmetal/items/154e81823f386279b33c

grunt入れる。
http://gruntjs.com/getting-started

% brew -v
% node -v
% npm -v
% grunt -version

入れれたか確認。おk。

Sublime Text 3入れる。
http://www.sublimetext.com/3

Sublime Package Control入れる。
https://packagecontrol.io/installation#Simple

SublimeTextでCoffee用シンタックスハイライト入れる為に
PackageControllからBetter CoffeScript入れる。
http://qiita.com/giiko_/items/c32486d57f28383497d6

sass入れる。
http://sass-lang.com/install

PackageControllからsass入れる。

これでいつも通りgruntで自動コンパイルまでできた。
# 因みに手順等だけネット上で確認して実際のコマンド(URL)とかは
# 出来るだけ公式サイト見てやった方がいい。(URLが変わってたり色々ある)

Alfred2入れて、Dash入れるとかMAMP入れてVirtual Hosts環境構築するとか、その他細々も。
あと、~/.sshから公開鍵とかごそっと持ってきてsshログインしてた箇所全部で再度ログインし直す。

you

© rettuce.com